杉並区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(杉並区)―

村上 昇 院長/村上歯科医院(新高円寺駅・歯科)の院長紹介ページ

村上 昇 院長

NOBORU MURAKAMI

お口の健康を守り続けるために。いたずらに悪循環を繰り返さない為にも的確な治療を。

東京医科歯科大学歯学部卒業。松本デンタルクリニック分院長を務め、1992年に『村上歯科医院』を開設(東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」より徒歩9分)。

村上 昇 院長

村上 昇 院長

村上歯科医院

杉並区/成田東/新高円寺駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

もの作りが好きな少年が、人の役に立てる仕事に

村上 昇 院長

高校時代の友人のお父さんが歯医者さんでした。そちらに治療を受けに行ったことがあって、何か感じるところがあったのだと思います。私は少年の頃からのラジオ制作から始まり、そこからグレードアップしていって、さまざまなモノを作るようになってきました。中には非常に細かな作業が要求されるものがあるんですが、そこを越えたとき、何とも言えない達成感があるんです。むろん、目的は異なりますけども、歯科医師の仕事にはそういったものとの共通点がありますよね。だから苦にならないし、好きであり続けられるのだと思っています。
大学卒業後は、医療法人で分院長を務め、1992年に『村上歯科医院』を開院いたしました。学生時代、1人暮らしを始めた頃、この辺りに住んでいたことがあります。私にとって準地元と呼べる場所に医院を構えられたこととても光栄に思っています。

マイナスの少ない治療を心掛ける理由

村上 昇 院長

『村上歯科医院』では、マイナスの少ない治療を心掛けています。歯は、一度手をつけてしまうと、二度と元には戻りません。その点をしっかり踏まえ、いかにして長く保たせるかということに重点を置いています。
この地で開業してから26年が経とうとしていますが、その当時からフォローし続けている患者さんが多くいらっしゃいます。その皆さんのお口の中には、私が手掛けて治療の結果の良し悪しが如実にあらわれているわけです。歯は神経をとると、枯れ木同然となって割れやすくなります。それは学術的にも確かなことですし、長い診療経験の中で実際に体感してきたことになります。ですから、できる限り神経をとらず、やむを得ずとらなければならないケースでも、エビデンス(医学的根拠)に基づき、なるべく歯が保っていくような形をとっていきたいと思っています。
いたずらに悪循環を繰り返すような治療ではなく、その人の将来を考えた治療を心掛けていきたいですね。

正しい診断があってこその良質な歯科医療

村上 昇 院長

当然のことながら、第一に患者さんの主訴、最も気になっていることから治療を始めていくことになります。その前提として、今の状態をしっかりと理解していただく必要があり、そのためには、診断というものが重要になります。
CTは、その診断をする上で大きな助けになるものです。たとえば、インプラント。リスクを予見し、安全性で予知性の高いインプラント治療をおこなうには、CTは不可決です。またインプラント以外にも、親知らずの抜歯や感染病巣を把握するために非常に重宝しています。
まず正しい診断ありき。そのことを徹底し、患者さんにより良質の歯科医療を提供していきたいと思っています。

手間を惜しむことなく、クォリティーの高い治療を

状態をご説明し、患者さんの希望を聞いて治療をおこなうことになりますが、どのような方法であれ、手間を惜しまず、クォリティーの高い治療を提供したいと思っています。
インプラントは非常に優れた治療ですが、万人に当てはめるものではありません。たとえばご高齢になり、ご自分でお口の管理がままならなくなってきた方については、インプラントよりも義歯(入れ歯)に適性があると言えるでしょう。その入れ歯は、制作過程における素材の選択や扱い方により、精度が著しく違ってきます。当院では保険の入れ歯であっても妥協することなく、質の良い、しっかりと噛めるものを提供していきたいと思っています。
また、クォリティーをより高めるためのツールとして、近日中にマイクロスコープの導入を予定しています。マイクロスコープは診断の精度をあげる役にも立ちますし、たとえば根の治療など、恩恵を受ける分野は多くあります。できる限り質の良い治療をするためには、知識はもとより、道具もまた大切だと思うのです。

これから受診される患者さんへ

東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」より徒歩9分の『村上歯科医院』では、患者さんの意向を汲みながら、できる限り痛みのない、快適な治療を目指しています。お口のことであればどんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

村上 昇 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:音楽鑑賞、オーディオ制作、パソコンいじり、野球、旅行
  • 好きな本:『無線と実験』(誠文堂新光社)
  • 好きな映画:ルキノ・ヴィスコンティ監督作品
  • 好きな言葉:「我思う、故に我あり」
  • 好きな音楽:70’sから90’sのアメリカンポップス
  • 好きな観光地:京都、奈良、イタリア、スペイン、フランス

グラフで見る『村上 昇 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート