杉並区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(杉並区)―

高橋 良多 院長/リョウデンタルオフィス(西荻窪駅・歯科)の院長紹介ページ

高橋 良多 院長

RYOTA TAKAHASHI

本物を求めても、本物を得られないでいる方々にとっての、最後の診療所となるべく。

日本歯科大学卒業後、東京医科歯科大学で有病者全身管理学を専攻。都内インプラントセンターで勤務医を務め、2008年に『リョウデンタルオフィス』を開院(「西荻窪駅」より徒歩3分)。

高橋 良多 院長

高橋 良多 院長

リョウデンタルオフィス

杉並区/西荻北/西荻窪駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

医科との密な連携もはかり、地域医療に貢献していく

高橋 良多 院長

歯科医師である父の影響もあり、医療全般を視野に将来を考えていました。歯科もそのうちの1つと認識していましたが、“直接、手を動かす”というところに魅力を感じていたのです。医科においても、たとえば外科はそうした分野ではありますけども、より身近に、より多くの人へ蓄積した技術や知識を還元できるという点で、最終的に歯科を自らの道として選ぶにいたりました。
大学卒業後は、東京医科歯科大学歯学部附属病院スペシャルケア外来に入局し、有病者全身管理学を専攻しました。一般に、ご高齢になればなるほど、成人病などを抱えた方が増えてくることになります。今でこそまだ特殊な分野と言えるかもしれませんが、今後はこの分野がメジャーになってくると予測されます。そのとき、お身体のことがわからないでは、不測の事態が起きないとも限りません。そもそも歯科は、すべてが外科といってもいいわけで、万一のことが起こらないよう、ベースとなるものを身につけておく必要があると考えての選択でした。
その後、病院を辞した私は、都内のインプラントセンターに勤務しました。そちらは年間に1,000本という数の手術件数をほこる大きな施設で、私も手術を執刀しながら、多くのものを経験させていただいたと思っています。
当オフィスのモットーの1つに、「選択肢を狭めない」ということがあります。インプラントをはじめ、患者さんに必要なものはありとあらゆるものを提供していく。それを実現するには、まず私達の側で垣根を取り去り、真摯に研鑽を深めていかなければならないのです。
『リョウデンタルオフィス』は、私の地元である杉並区・武蔵野市エリアでの医療貢献を視野に、2008年にオープンいたしました。こちらはクリニックモールの中に位置し、医科との連携がスマートにおこなえるメリットを有しています。たとえば、内科の血液検査が必要な方であれば、すぐさま連絡を取り、検査をおこなっていただくという具合ですね。有病者の全身管理を学んできた意味がここであれば充分に発揮できると考えていますし、お口のみならず、全身の健康にも寄与していければと思っています。

インフォームド・コンセントならぬ、インフォームド・チョイスを重視

高橋 良多 院長

インフォームド・コンセントとは、選択される治療に対して説明をおこない、患者さんの同意を得ること。それに対して当オフィスでは、1つではなく、3つ4つとある選択肢をすべてご説明し、その中から患者さんに治療方法を選んでいただくインフォームド・チョイスという形をとっています。
インフォームド・コンセントは、ともすれば患者さんにとって、あらかじめ道が決まっているような感じを受けるかもしれません。それをさらに進め、今の時代に必要な姿勢が、インフォームド・チョイスであると認識しています。
当オフィスでは自作のツール等も用い、わかりやすい説明を心掛けています。この症例に対し、この方法では何%の確率で良好な結果が得られる。あるいは、実際の治療はどういうもので、どういう工程をたどっていくのかを、過去に手掛けた症例のデータや写真を参考にしながら説明をおこなっていくのです。ただ話をするだけでは、充分に伝わらないことがあります。だからこそ、耳で聞き、目で見て理解していただけるように努めることが大切なのです。

顕微鏡根管治療にこだわることの意味

高橋 良多 院長

顕微鏡を用いた、精密根管治療でしか成功率を高めることのできない症例があります。私も顕微鏡を使用する以前には、根の治療をしたけれども、理由のわからない痛みを患者さんが訴えられ、思い悩む日々を送っていた時期がありました。目に見えないものを手探りでおこなっていく従来の根管治療ではその理由を突き止めることはできません。それを可能にするものとして、顕微鏡による精密根管治療は、もはや欠くことのでできない技術を言えるでしょう。
私には、治療をするならばしっかりとやってあげたいという思いがあります。それは根の治療に限らず、あらゆる分野においてです。昨今は歯科の分野においても技術革新が進み、一見便利に思えるものも多数出てきました。そのうちのいくつかは本当に有用で便利なものですが、なにより、「しっかりと治療をおこなえること」を基準とし、新しいものを取り入れていきたいと考えています。

キュアとケアを高い次元で組み合せることにより、お口の健康を長く保っていく

当オフィスでは、同じ西荻窪にクリニックを構える『グラーツデンタルケア』と連携をおこなっています。『グラーツデンタルケア』は、ホワイトニングや歯科ドッグに代表される予防歯科を標榜するクリニックで、同じ歯科の分野でありながら、その役どころは別のものになると私達は考えています。すなわち、こちらは残念ながら悪くなってしまったものを治す場所であり、あちらはゼロの状態を維持し、さらにプラスにしていく場所、という概念です。キュアとケア。2つが密接に連携をとり合うことにより、よりお口からの健康を身近に感じていただく助けとなればと思っています。

これから受診される患者さんへ

患者さんの中には、「面倒な説明はいらない」という方も当然いらっしゃいますから、その意味で、私どものやり方がすべての方に受け入れていただけるとは必ずしも思ってはおりません。しかし、すべてをご説明し、理解していただいた上で治療をおこなう私達のやり方は、高い満足をお与えすることができるとの自負も持っています。
『リョウデンタルオフィス』では、保険診療から自費診療まで、患者さんのニーズに応じた形で診療をおこなっています。まずは1度お越しいただき、私達の歯科医療をご自分の目で確かめてみてください。歯医者さんらしくない、日常とは違う落ち着いた空間で皆様をお待ちしています。

※上記記事は2017年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

高橋 良多 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:アウトドア全般
  • 好きな作家:司馬遼太郎
  • 好きな映画:バック・トュー・ザ・フューチャー
  • 座右の銘:為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり(「私の曾祖母がよく言って聞かせていたと聞いています」。)
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:ロック・イエローモンキー
  • 好きな観光地:沖縄、タイ

グラフで見る『高橋 良多 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート