杉並区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(杉並区)―

児島 直樹 院長/あんずクリニック(新高円寺駅・内科)の院長紹介ページ

児島 直樹 院長

NAOKI KOJIMA

患者さんの治りたい、という気持ちを第一に。職場やご高齢の方のメンタルケアに取り組む

東京医科大学医学部卒業後、田附興風会医学研究所北野病院に勤務。その後、大阪大学大学院精神医学教室入局にて精神医学を学ぶ。大阪大学医学部附属病院、国立精神・神経医療研究センター病院での勤務を経て、あんずクリニックを開院(東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」から徒歩1分)。

児島 直樹 院長

児島 直樹 院長

あんずクリニック

杉並区/梅里/新高円寺駅

  • ●内科
  • ●精神科
  • ●神経内科
  • ●心療内科

働きかけ次第で患者さんの状況が変わるメンタル医療

児島 直樹 院長

小学校の時、家の近くのクリニックに行っていた時に手塚治虫先生のブラックジャックを読んだのが、医師を目指した元々のきっかけですね。通常、病気は治療法の手順がはっきりしているのに対して、メンタル系の疾患に関しては治療手順よりも人間力や温度感という、文字では表しにくいものに左右されます。そこに興味を持ちました。カウンセリングなど私たちの働きかけ次第で患者さんの状況が変わってくるのが、メンタル医療の特徴だと思います。また、脳というものに対して興味があったことも理由の一つですね。大学卒業後は北野病院で研修を受け、大阪大学の精神医学教室に入局。その後国立精神・神経医療研究センター病院勤務を経て、あんずクリニックを開院しました(東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」から徒歩1分)。

学生さんからご高齢の方まで幅広いメンタルケアをおこなう

児島 直樹 院長

新高円寺の周辺は、私が学生時代に1人暮らしをしていた場所でなじみがある地域です。商店街もあり幅広い年代の方がお住まいですね。当院の診療科目は精神科・心療内科、内科、神経内科のほか、うつ外来やもの忘れ外来も開設しています。頭痛や腹痛の原因にメンタルなことが関わっている場合もありますので、心療内科を受ける方や内科の診察だけを受ける方も多いですね。特に力を入れているのは産業医学外来(働く人のメンタルヘルス)や、認知症をはじめとするご高齢の方向けのメンタルヘルスです。
いらっしゃる患者さんの1/3はご高齢の方、1/3は働いている方、あとの1/3は高校生や大学生など若い方や主婦の方ですね。治療は服薬治療もおこないますが、全員の方におこなっているのは簡単な心理テストと専門スタッフによるカウンセリングです。メンタルな治療に大切なのは、3つのことを変えることです。「自分を変える」「周囲の人間を変える」「環境を変える」ということで、患者さんの状況に応じて変えやすい方法をアドバイスします。また、認知症などご高齢の方のメンタルケアに関しては、ご本人のほかご家族や介護の方、行政など周囲でチームを作り治療していく体制づくりをおこないます。いきなり薬を大量に出すということはしないので、ご安心いただきたいですね。

働く方のメンタルケア

児島 直樹 院長

働く方の環境も複雑になり変化して来ているためか、最近は職場のストレスマネジメントで悩む方も増えています。うつ病のほか、ADHDなどの発達障害の方が職場での適応に悩むことが多いですね。改善方法は患者さんのお話を聞くことや服薬治療などご本人への治療はもちろんですが、それ以上に大切なのが、残業を減らすことや上司と合わない場合にチームを変えてもらう、異動させてもらうなどといった職場の環境調整ですね。症状がひどい場合には転職するのも選択肢の一つとして考えます。さきほど話した「環境を変える」をおこなう訳です。お話をお聞きして適切な方法をアドバイスし、必要に応じて診断書の作成もおこないます。例えば仕事に悩む新入社員の方であれば、状況をお聞きした上で困っていることを理解してもらいます。原因がご本人の捉え方であれば、安易に転職をせず頑張ってみるようにお話しすることもありますし、職場感情や上司が原因であれば、配置転換など環境を変え、ストレスから逃してあげるアドバイスをおこないます。
今まで10年以上、多くの企業で産業医として診療して来ていますが、働くことがしんどい…という状況にある方は、しんどい理由や周りの環境が見えなくなっていることも多いものです。患者さんから情報を聞いたうえで、整理してあげることが大切だと思っています。患者さんが困っているという状況を認知してもらい、必要に応じてアドバイスをおこなっていきたいですね。最終的にご本人が納得して選択できる方法を提示できればと思います。

病気を治すのは患者さん自身

私は病気を治すのは患者さん自身の気持ちが大切だと思っています。患者さんご本人には「まずは自分で治したい、治そうという気持ちが大切です」とご説明し、その上で必要なアドバイスをおこないます。わりとずばりということが多いですね。例えば職場で働くのがしんどいといったときに、薬や休息をおすすめするのではなく、残業を減らす、働き方を変えるなど職場との調整を模索します。
また、半年や一年といった長い期間の休職が必要な場合には、転職も視野にいれたアドバイスもおこないます。薬や休息で何もしなくていい…という状況よりも、少しずつでもいいので解決にすすむようアドバイスをすることが多いですね。ですから、お話をお聞きする場合には職場などの環境だけでなく、それまでの生い立ちなどの背景などもお聞きします。1時間以上かかることも多いですので、初診は専門のカウンセラーがお話をお聞きし、スタッフとドクターがチームになって治療を進めていきます。患者さんの治したいという気持ちを私たちが医学的にサポートすることで、医師が治すというよりも患者さんご本人が治したいという環境を作ってあげたいですね。

これから受診される患者さんへ

眠れない、食欲がない…など、なんとなくおかしいなと感じていても、メンタルクリニックは敷居が高く、「薬をたくさん出されるのでは?」「何をされるのか不安」「会社を長く休むのでは」と怖くて来られない方が多いのが現状です。しかし、そのまま放置していても、仕事や生活が辛くなる悪循環に陥ることがほとんどです。今はメンタルクリニックは敷居がかなり低くなっていて、ご本人が周りから言われて受診されることも増えています。状況を客観的に理解する、かんたんな睡眠導入剤を服用するなどちょっとしたことで改善する方もたくさんいらっしゃいます。まずお話をお聞きして必要なアドバイスをするところから始めますので、お気軽にご相談に来ていただければと思います。

※上記記事は2018年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

児島 直樹 院長 MEMO

  • 出身地:大阪府
  • 趣味:マラソン、ゴルフ、ギター、サックス
  • 好きな本・作家:オールジャンル
  • 好きな場所:公園
  • 座右の銘・好きな言葉:一期一会
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:ジャズ

グラフで見る『児島 直樹 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート