杉並区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(杉並区)―

川原 由宏 院長/川原眼科医院(八幡山駅・眼科)の院長紹介ページ

川原 由宏 院長

YOSHIHIRO KAWAHARA

地域に根差した眼科医院として
見落としのない診療で病気の早期発見を

大学卒業後、眼科を専門に研鑽を積む。さまざまな症例に携わり、手術を手がけるなどしてスキルを磨く。現在は『川原眼科医院』の2代目院長として、地域住民の健康をサポートしている。

川原 由宏 院長

川原 由宏 院長

川原眼科医院

杉並区/上高井戸/八幡山駅

  • ●眼科

自らの治療経験をもとに、母と同じ眼科医に

川原 由宏 院長

『川原眼科医院』は、私が生まれる1年前の1961(昭和36)年に母が開設し、私は2代目ということになります。母が眼科医だったものですから、当然のように私も小さな頃から医療への興味がありました。そして、将来に向けた漠然とした想いが明確になったのは、医学部に学んでいた大学2年生のとき。野球部の練習中にボールが目にあたってしまい、昭和大学藤が丘病院に搬送されて、手術を受けることになったんです。眼窩底骨折のほかに出血もあったのですが、小出良平、前昭和大学教授が執刀してくださったこともあって、無事に機能を回復することができました。このとき私は、はじめて患者さん側の立場を経験したわけですが、手術の素晴らしさに感銘を受けるとともに、医師はたしかに「人の役に立つ仕事ができる」ということを実感しました。医師となってからは、母と同じ眼科を専門にし、長野県や都内の病院で経験を重ねてきました。

地域に根差した眼科医院として、病気の早期発見に努める

川原 由宏 院長

勤務医として診療をしていた当時は、外来診療のほか手術にも携わり、幅広い症状を経験することができました。その後、医師になって5年ほどが経った頃だったでしょうか。母をサポートする形で、『川原眼科医院』で診療をするようになったんです。当時、八幡山の眼科医院は当院だけでしたし、母の医院を守っていきたいという気持ちもありました。実際に、今も母の代から通ってくださっている患者さんがいらっしゃいますし、2世代、3世代にわたるお付き合いが続く患者さんも珍しくありません。そうした皆様の目の病気を治療することはもちろんですが、病気を早期に見つけるための検査、学校健診などを通して、この地域の医療に貢献できたらと思います。この医院でできる治療は責任をもっておこない、手術を必要とするようなケースについては、大学病院などをご紹介いたしますのでご安心ください。

コミュニケーションを大切に、見落としのない診療を

川原 由宏 院長

診察をするときに心がけるのは、患者さんのお話をよくお聞きすること。そして、小さな異変を見逃すことのないよう、緊張感をもって診療にあたりたいと思います。目のまわりを診るときは、患者さんとの距離が近いですからね。私も口臭に気をつけたり(笑)、相手が小さなお子さんであれば、「さわるよ」と、ひと声かけてからアクションを起こすようにしたり。患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、見落としのない診査・診断をしたいと考えています。勤務医時代には私が手がけた手術によって患者さんの目が見えるようになったり、当院においても目の検査から脳梗塞が見つかって、早期治療につなげられたことがありました。またその一方で、どうしても医療の力が及ばずに、残念ながら視力を失ってしまわれた患者さんもいらっしゃいます。さまざまな経験から私なりに学んできたことを日々の診療に役立てながら、地域の皆様によりよい医療をご提供していきたと思います。

患者さんのことを第一に考え、フレキシブルに対応

勤務医時代には数多くの手術をおこなってきましたけれど、地域の中で診療するようになった今、私がいちばん大切にしているのは、患者さんの病気を早い段階で見つけてさし上げること。早期発見・早期治療によって、視力や健康を守るお手伝いをしたいと思っています。最近では、メディアでも度々病気のことが取り上げられたりしますよね。白内障や緑内障を特集した番組が放送されたあとには、それをご覧になった患者さんが検査をご希望になるといったケースも多くみられます。
緑内障を調べるためには、視野検査や視神経の検査などをおこなう必要があり、患者さんには少々お時間をいただくことになります。そのため当院では、診療時間前後の時間を検査の時間にあてて、患者さんをご案内するようにしているんです。検査を受ける患者さんが、ゆっくり落ち着いて、集中できるように。また、ほかの患者さんをお待たせしないようにと考えて、フレキシブルな対応を心がけています。

これから受診される患者さんへ

『川原眼科医院』は、京王線「八幡山駅」のすぐそばで診療しています。「スマホ老眼」という言葉を耳にされたことがあるかと思いますが、若い世代の方にこうした目の異常を訴える方が増えてきているように思います。医師会の指針では、30cm以内でスマホの画面を見ないこと、ゲームは2時間までとなっていますけれど、私の基準はさらに厳しくて(笑)。スマホなどの小さな画面は40分、大画面のテレビで1時間まで、そして時々は遠くを見るなどして目を休めていただきたいと思います。老人の病気と思われがちな緑内障も、若い方が発症しないとは限りません。もしも気になる症状がありましたら、早めに専門医を受診していただきたいと思います。

※上記記事は2017年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

川原 由宏 院長 MEMO

眼科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ドライブ・旅行・映画鑑賞・犬の散歩
  • 好きな本:歴史書
  • 好きな映画:アクション・時代劇
  • 好きな言葉:真実一路・初心忘れるべからず
  • 好きな音楽:音楽全般
  • 好きな場所:信州・海

グラフで見る『川原 由宏 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート